デザインについて


最近は結婚指輪もバリエーションが広がり、本当に素敵なデザインがたくさん出回っています。もちろん毎日付ける指輪なので、何かに引っかかりやすいデザインなどは無理。そのため小さなダイヤなどの宝石を埋め込む程度しかできません。しかしそれをいかに個性的におしゃれに作るかはデザイナーの腕一つということになりそうです。

大きく分けてシンプルな「ストレート」。S字を描くようなカーブが基本の「ウエーブ」。軽い曲線から大きなうねり、二重、三重にひねられたうねりなどいろいろあります。それに「V字」や「U字」タイプも人気があります。この場合もデザインによってV字、U字の角度はいろいろです。

表面の仕上げには「ミラー」といって鏡のようにキレイに磨かれたタイプで光沢とツヤがあるスタンダードタイプ。「マット」は逆につや消しタイプで、渋さに人気がります。荒い磨きで横に細い線がたくさん流れているような「ヘアライン」はシルクのような輝きです。他にも「ハンマートーン」は槌で打ったイメージの個性的なタイプや、細かい彫刻で乱反射を楽しむ「スターリー」やローマの彫刻のような「彫刻」などがあります。これらを上手に工夫して、おしゃれにデザインされた結婚指輪が豊富に出回っています。自分に合った最高の指輪を見つけましょう。

 

参考:結婚指輪販売-ガラ OKACHIMACHI
・・・豊富なデザインの結婚指輪を扱っているジュエリーショップのサイトです。

 

いろいろなデザイン

結婚指輪にはいろいろなデザインがあります。そんなデザインのご紹介をしたいと思います。最近は一つの素材だけでなく、プラチナとゴールドを組み合わせたものや、ピンクゴールドとイエローゴールドの組み合わせ。またチタンの無色はプラチナのような銀色ですが、他にも24色から選べるので、カラーのラインを入れたりとデザイン性の高いリングを楽しむこともできます。また色合いはプラチナと同じですが、価格がグーンと安くなるホワイトゴールドを使用した格安結婚指輪も人気。華やかなデザインでも驚くほど低価格です。

チタンを使ったデザインでは基本は銀色ですが、裏面を好きなカラーにし、中央でサーッと裏側から色のラインが流れる、ひねりタイプのおしゃれな結婚指輪もあります。男性がブルーで女性がピンクというのも楽しいかも知れません。また中央に溝を作りその中にカラーの細いラインが流れるように入っているタイプも。カラーを取り入れたい人にはチタンはおすすめです。他にもひねり型リングで半分がゴールド、半分がプラチナ、中央にメレダイヤが埋まっていると豪華なイメージになります。

変わったところではプラチナに七宝焼きがぐるっーとはめ込まれているタイプもあります。とても渋く、着物などが趣味なカップルには最適です。女性はえんじ系、男性はグレー系の七宝すかし焼きがはめ込まれていたりします。このようにさまざまなデザインの結婚指輪がたくさん出回っているので、一番のお気に入りを選びましょう。